格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

サトウ トシヒロ

Concept格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

『INPROVER=改善者としての仕事人格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

『INPROVER』
-改善者としての仕事人-格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

長年にわたり広告業界に携わって、自分自身の仕事内容を掘り下げたときにたどり着いた業務内容です。デザイナーやプランナー、ディレクターなどポピュラーな肩書きはありますが、私自身の得意な分野は『INPROVE(改善)』に尽きます。

ご縁あって出会った方々が、今より少しでも生活・仕事においてプラスになるツールとしてWEBページを活用していただけたら幸いです。

FAQ|こんなことあれば是非ご相談ください!格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

1.ホームページのスマホサイト対応過渡期を向かえ、スマホサイト対応が進んできるのは何となくわかってはいるが、また結構な出費になると考えると二の足を踏んでしまう。格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

→自分で頑張れば無料(セミナー料金別途必要)~のご提案も可能です!ホームページ更新。スマホサイト制作・出向対応|アドチット

2.ホームページは持っていて、サービスや商品が変わるごとに本サイト内を変更しても既存サイト訪問者を拡大するまでには至らない・・・格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

→スペシャルサイト(ランディングページはもとより、グランディングサイト、キャンペーンサイトなど)のホームページ作成をしてプロモーション対応するなどホームページ作成の在り方も変化してきている昨今、やりたい事に応じたご提案が可能です!格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

3.既存のホームページ更新をしていく中で、専属担当を用意するまででもなく、その都度出向対応してくれる人員がいると助かる。格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

→私自身をはじめ、フリーランスAチームネットワークが業務内容・対応頻度をもとにマッチした対応をすることも可能です!格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

4.デザイナーさんやクリエイター・写真家などは業務の延長で個人的にホームページ作成をし、活動に活かしているようですが、趣味や個人活動の内容を発信するするのに以前は自費出版という手段をホームページ作成をして広く知っていただくにはどうすればいいですか?格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

→ポートフォリオ(自己紹介)サイトが広く用いられてきていますが、一般的なところでは学生さんの就職活動といったところです。年代問わず趣味のサイトや個人活動などをギャラリーサイトやレポートサイトなどのホームページ作成を、お客様と作業を分担して行うことでリーズナブルで感動できる内容のご提案が可能です!格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

5.新たにホームページ作成をしようと思いますが、無料~高額な料金まで、あまりにも情報がいろいろありすぎてどうしたら良いかわかりません。格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

→広告や誌面、ホームページ作成も同じでデザイナーさんがお客様の意向を汲み取って形にする生みの作業は時間がそれなりにかかるものだと思っています。時間がかかるということは金額もそれなりにかかるということだと思います。それをWEB上でテンプレートに文字を入力していくことで、料金やかかる時間を抑えるタイプもあれば、無料で作成ができてしまうタイプもあります。どれを選んでもホームページ作成をするという目的は達成できます。つまりは、どこまで自分が表現したい内容を妥協するかというところと時間とコストが絡んで最終的なカタチになると思います。

※上記の内容にかかわらず、ホームページ作成に関すること。広告や誌面についてもご相談いただければ最善のカタチのご提案をしていきます。どうぞ宜しくお願いします。格安ホームページ作成 求人 宣伝 販促 集客|福島市 郡山市|アドチット

ホームページ

ホームページ (home page, homepage) とは、本来はウェブブラウザを起動した時や、多くのウェブブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページなどの画面(ページ)である[1]。スタートページともいわれる。もしくは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどにログインすることで表示される各ユーザー専用のページである。また、後述のように本来の意味から誤って派生した用法もある。

概要

ホームページの用法には現在でも揺れが見られるが、おおよそ以下のように分類できる。
ウェブブラウザの用語で、ブラウザを起動した時や、多くのブラウザに存在するホームボタンを押すと表示されるように設定されたウェブページ[1]などの画面。詳しくは後述。
インターネットの用語で、FacebookやTwitterなど、ユーザー毎に表示が異なるウェブサイトのページ、または最上位階層にあたるページ[1][2][3]。
ウェブページの意だが[1]、あらゆるウェブページ一般を指す言葉と誤った認識から発生したもの。
ウェブサイト(ワールド・ワイド・ウェブサイト)の同意語と勘違いしたまま、本来の意味を知らずに使われている場合[2]。
さらに飛躍してWWW、あるいはインターネットのシステムそのものととらえた誤った認識によるもの。
個人が運営することの意を「ホーム」と誤解して、ウェブサイトと区別している場合(通常、ブログは含まない)。
企業・団体が運営する公式ウェブサイト(オフィシャル・サイト)を前述の様々な誤解から公式ホームページとしているもの。
ホームページという語をウェブサイト全般の意味で用いることは、かつて日本では広く用いられていたが、これはウェブサイトの入り口に最上位階層の意味で「ホームページ」と書かれることが多かったことから広まったもので、技術的には誤用である[2]。
国際的にも、ウェブサイトまたは文脈から判断できる場合は、単にサイトと略すのが一般的である[4]。映画や著名人などのウェブサイトではオフィシャルウェブサイトまたはオフィシャルサイトと英語で明記されており、日本語表記も公式サイトまたは公式ウェブサイトが浸透している。一部では誤用のままオフィシャルホームページあるいはオフィシャルHPと省略した英字表記も見受けられるが、英語ではないため翻訳は困難であり国外に意味は伝わらない。
ウェブと略す場合は、World Wide Web(インターネット)を指しており[5]、他のメディア (媒体) では時間や紙面の制限により伝えきれない情報がインターネット上の関連ウェブサイトで閲覧可能であることを示す。
ブログ普及に伴って国外で開発されたコンテンツマネージメントシステムを用いるウェブサイトが増加して誤用は減少。さらに、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの普及で「ホーム」はログイン後のアカウント毎に表示が異なるページを指すため日本語化の際にも正しい用法のまま使われており、誤用は減少傾向にある。
インターネット以外のメディアでも、洋画ではオリジナル音声と同じく日本語吹き替えや字幕でもウェブサイトと表現されているが、日本のテレビや新聞など一部のメディアでは誤用が続いている。また、法令中に上記例3の意で「ホームページアドレス」の語が用いられている例がある[6]。

ホームページという言葉

ホームページという言葉は本来、ウェブブラウザを起動した際に表示されるウェブページの事を指す[1](上記例1)。しかし、既存のメディアを含め言葉の誤用が広まり現在では上記のように別の意味としても広く使われるようになり[2]、辞書にも本来の意味と併せて上記例2・3・4の用法を掲載しているもの[1]もある。日本などの一部の国では「ウェブサイト=ホームページ」という認識が広く浸透している。ウェブページやインターネット全般を指すのも本来の用法ではない。開発と使用用途に差があり。

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「ホームページ」を素材として二次利用しています。